最近の記事

2013年10月14日

良い人生を作るには良い習慣から!

人生を好転させるには、悪い習慣を減らし、良い習慣をつくることである。

日常生活の大半が「習慣」によって形成されている。今の生活や人生に不満があるならば、変えるべき習慣があるのであろう。ひとは、毎日自分の意思で生活していると思っているだろうが、40%は習慣によって形成されている。人格、行動、食生活、口癖が習慣を形成し、思考は思考したなりに現実化する。

良い習慣を身に着けるには悪い習慣をやめることが重要である。
私は、タバコをやめて2年半になりますが、筋トレなどを最低週4くらい自分に課している。

そのメリットとしてとても風邪を引きにくく健康になり食生活を意識的にコントロールできており、朝は5時半くらいには起床して、6時半には出社している。

ひとつの良習慣は、その周辺の習慣も良くしていく。その逆もありえる。



posted by JIN at 16:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳、加速学習

2010年01月16日

「つぶやき」の可能性を大いに感じる

Twitterは別に誰にも読んでもらうという意図もなくネットを前にして自分の今の感情や自分への質問をちょこちょこ書いて更新しているのですが「ひらめき」が多くなったような気がします。

私は2月にも少々のビジネスセミナーの講師をするにあたり(去年の11月に初めてやったセミナーがあちこち波及して好評なのか何か知りませんが次で5回目。現在においてはまだセミナー自体が収益の対称でなく営業の一環としての活動。ライバルがまねできないのでやっている。)、未熟なので勉強が必要ですし、お客様に更なる内容のアップデートをしたく思い、フォトリーディング(速読)を使い、年初から15冊の本を処理して情報精度を高めていますがところどころで疑問が出る。

考え抜いて、考え抜いて出した疑問を自分に対する疑問としてTwitterに書き込んだあとリラックスしてゲームしたり、寝たりすると次の日に書いていた疑問がパズルピースがはまるように解けてスムーズに結論に帰結したりするようになることが増えました。

Twitterは結構有名なビジネスパーソンがやっているのでそれらのつぶやきをリアルタイムで知ることができます。
普通の人と変わらないつぶやきもあれば、ビジネスに関する壮大な考え方に驚きを感じたり、インスピレーションを覚えたりします。

概して、そのような偉大なビジネスパーソンの方々の言葉を知る手段として「書物」として記録されるころにはすでに「その言葉」は古いのかも知れません。

それらの方々が「今」「直感的」に思ったことを「今現在」知ることができるというところに魅力を感じます。

「つぶやき」は日常生活においては「自分の脳を通り過ぎる些細なごみ」として通り過ぎたら忘れてしまう存在かも知れませんが、ひょっとして大いなるアイデアが潜んでいる場合も多いかもしれません。

深層心理や今現在の感情から出ることが多いであろう「つぶやき」を共有するということは「感情」・・・いや「脳」を共有する時代がやってくるという片鱗を垣間見せてくれるのであります。

「攻殻機動隊」の世界やね。

「広大なネットの海が広いのかしら、それとも人間の精神の世界が広いのかしら」
posted by JIN at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳、加速学習

2010年01月08日

twitterの可能性

twitterは「つぶやき」「現在の気持ち」などをリアルタイムに表現するツールでぼちぼち書いてますが、「つぶやき」ってあまり考えずに潜在意識からひょっこりでてくるものではないかな〜と思うと、ポジティブな思考やネガティブな思考を記録できて自分の発想そのものを矯正していくためにも使えるのではないかと思います。

posted by JIN at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳、加速学習

2009年10月17日

ストレスも度を過ぎるとあぶない

仕事が忙しいのはありがたいのではあるが、以前よりコストダウンと段取りの綿密さを求められることで1つの段取りに非常に時間がかかる。

それを数こなすとなると非常にストレスが積み重なる。
そのうち手をつけたくなくなり先延ばしになる案件もあったりする様になってしまっている。

ストレスを解消する手段は数多くあれど、ストレスを発生させない仕事の段取りが一番大切なことと思う。

個人の能力には差異があるので、システムとしての段取り構築を行い精度を高めていくしかない。
ただ、クライアントサイドのシステムにも立ち入っていく必要がある場合が多くそのあたりの歩みよりもコストダウンとともに条件として提示していかなくてはならない。

一方的なクライアントの条件をすべて鵜呑みにするのでなく、譲歩させつつ相手のメリットに目を向けさせながら協業というステップにアップさせ、うまくいけば顧客との強固な関係が築ける。
posted by JIN at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳、加速学習

2008年03月08日

成功法則は科学

確実に金持ちになる「引き寄せの法則」という本を買いました。

最近ザ・シークレットという本がアメリカで大ヒットし、日本でも「引き寄せ」本がかなり多く並んでいます。

誰しもが幸せになる権利を持っており手に入れたいものは思えば必ず手に入るというもの。

しかし内容はナポレオンヒルや原因と結果の法則などの今までの多くの書物に書かれていることと同じです。

しかし買って読んでみて自分の願いに思いを馳せるも現実はかなわず。・・・また同じような成功哲学の本を買う・・・という繰り返しスパイラル。

結局、表層意識でなく潜在意識に願望を定着させ、行動すればどんな望みでもかなうといわれています。
願望をいくら毎日思い続けても潜在意識には到達しないのがほとんどで、表層意識と潜在意識の間にある「思い込み」がシャットしてしまうためではないかと私は思います。

子供の頃の親の教えや経験と失敗の中で「こんなことは無理に決まっている」「できない」「こんなことは何年もかかる」と刷り込まれてきたものが潜在意識の回りを覆っているのではないかと思います。

まずそれを取り除かねば願望は実現しない。

それぞれの心には「癖」というものがあります。
結局「心」は外界の刺激「音」「感覚」などの五感に対する「反射」に過ぎずその刺激に対して、無意識に過去の記憶や経験と照らし合わせることで「怒り」「恐怖」「不安」などの反応を行っているに過ぎないと感じます。心とは瞬間、瞬間に生み出されているものと考えられます。

そのような形で「思い込み」は作られていきます。
それをクリアにすることで潜在意識へのアクセスは開かれるのではないかと思います。

自己主張しすぎたり、他人の悪口を言ったり、愚痴をこぼしてみたり、あきらめてみたり、他人の劣るところを見つけて自分が安心したり、決め付けたり、他人に自分の考えを強いたり・・・日常のネガティブな感情が潜在意識を更なる殻で覆うことになります。それを一切やめてみれば見つけられるのではないでしょうか。

成功法則は常に自分の中にあり、見つけようと思えば見つけられます。
プロセスは非常にシンプルです。
日ごろの行いを正すことが豊かになる第一歩かと思います。







posted by JIN at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳、加速学習

2008年02月16日

ナイチンゲール・コナントサクセス・オーディオ・ライブラリー 日本語版

速読もとても重宝するスキルなのですが、時と場所を選びます。
しかし、音声ならば車でも歩行中でも学習することが可能です。

成功者の方々が必ず薦める勉強方法に「テープ学習」というのを言われています。自分で本を読みすすめるよりも、情報が耳を通して強制的に入るので運転しながら、電車に乗りながら、歩きながら、カフェしながら勉強することができます。

ナイチンゲール・コナントサクセス・オーディオ・ライブラリー 日本語版はビジネスや成功本のベストセラーの音声版です。

これが結構便利。私は車での営業が多いのでカーCDでの勉強をしています。モチベーションも結構上がりますのでこのシリーズは結構重宝しています。

また音声は2倍速なので「速聴」の効果もあり、頭の回転が良くなるのか非常にすっきりします。

本だと、途中で読まなかったりする方はこのシリーズは非常にいいかと思います。

このシリーズは結構人気でオススメです。

posted by JIN at 13:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳、加速学習

2007年09月27日

脳活性の3つの方法

1.マウスパッドの左右の位置を換える
マウスパッドの位置を変えることにより、利き手でない方の手を使用しないといけなくなります。これが左右の脳の間の神経を刺激するらしい。両手を同じように使う人は、左右の脳をつなぐ神経繊維が10%以上も多いという科学的研究結果もあるそうです。

2.気合いで思い出す(記憶する)
演奏されている曲、古い知識を思い出したいときがまさにこれです。それを思い出せないときどうするかというと、多分近くの友達に聞き、その答えがわかったとき「あー、そうそう」ってなると思います。今度こんなことがあったら気合いで思い出しましょう。筋肉がより激しく運動をする程筋力が増すように、脳も刺激されるそうです。

3.頭を使うゲームをする
数学オリンピックの問題を解く必要はなく、数独やクロスワードなどでよいそうです。日常的に行うことがとても重要らしい。例えば、通勤電車でクロスワードをする、毎日仕事をする前に15分間にチェスをするなど。

毎日できる脳活性としてわたしも、DSなどやってます。あとは速聴なんかもながらでできるのでいいです。

(ソース GIGAZINE
posted by JIN at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳、加速学習
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。