最近の記事

2010年04月12日

英語でのアファメーションに効果あり

フォトリーディングで読書に入る場合、目標を達成するために自分に言い聞かせるアファメーションというものがあるのですが、アファメーションは「自分はできる、できるのだ!」と言うような肯定的な言葉を設定し潜在意識にアクセスしようとするのですが、人間の頭脳には今までの自分を変えようとする事柄に対して「防衛本能」が働きます。

「それはいままでの経験に無いからできない」と観念が潜在意識へのインプットを阻害します。




この本では、英語を使ってアファメーションするほうが潜在意識に届きやすいと書いてあります。

日本語でアファメーションを列記して読んだとしてもまず「できる」ことに対しての「疑問」「否定」が頭に浮かんでしまえば何もなりませんので、この考え方はおもしろいのかもしれません。

速聴ってありますが4倍速だと何を言っているのかわからないけど脳の潜在意識には届いているみたいなのと似た理論かなと思います。

速聴はけっこうオススメで、集中して聞いたあとはそのスピードに慣れるのか人の話がかなりよく聞き取れます。
結構集中力がつきます。


posted by JIN at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトリーディング

2010年01月07日

目標達成する技術

久々の更新です。本年はこのブログを活性化したく思います。
去年も年間で250冊は本を読んでましたので、得た気づきなど書いて見たいと思います。

マイケル・ボルダック著 

1063人の収入を60日で41%アップさせた-目標達成する技術 ~どんな目標も達成できる「成功の心理学」



を読みました。

たくさんの成功法則の本やネットでお金持ちになる手法など手に入るのに、成功できる人はほとんどいないのが現状です。

成功には80%の感情と20%の方法論が必要で、20%の方法論だけを求め本やセミナーに投資し続けても、5〜10年たっても成功できない。

感情を伴った行動が必要であるのですが、自分の感情をよく知り、うまくコントロールしていく必要があります。

成功への行動を起こす際に障害となる「感情」をいかに味方につけてコントロールし、成功に導くかを理解する本です。

フォレスト出版の本なので非常に読みやすいです。

感情を伴わない目標は達成できない。

成功したときに享受する賞賛や喜び、不安がなく幸福感に溢れているという感情を得た時こそが成功である。

たとえば大きな家を建てて住みたいという願望も、「家族を幸せにして仲の良い心地よい生活をしたい」という感情に起因するものであり、家を建てることは手段であるといえます。

将来目標を達成した自分のマインドをイメージするということが大切であるかを教えてくれます。
posted by JIN at 16:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトリーディング

2009年01月13日

中村天風「幸運を呼ぶ魔力」

本当に久々の更新になります。

中村天風です。
今日アマゾンから届きました。

早速フォトリーディングで高速学習。2時間で速読〜まとめのマインドマップを作成。

tenfuu.jpg


東郷平八郎、松下幸之助、稲盛和夫、宇野千代、各界の企業家、政治家、名スポーツ選手などのメンターです。大正から昭和にかけて激動の人生を歩む中で人間はどう生きるべきかを示唆した本です。


天風本は数多くあれど、この本が初心者にもわかりやすく丁寧に解説してあるのでお勧め。
心と身体の統一こそが人間本来の生き方であり積極的に生きなさいと読者に示しております。

積極的に生きるための毎日の訓練法や心のあり方など詳しく書かれています。

様々なネガティブな人間関係や情報、ビジネス環境の中でぼろぼろになりつつある精神性を本来あるべき姿に戻すことこそ世の中のためになるのではないでしょうか。

中村天風は満州での抑留経験を経て、当時死亡率の高い結核にかかり、直すために世界中を飛び回り、ヒマラヤの聖者と出会い、修行の上で身に着けた呼吸法と心身統一法で自然治癒力を高めて結核を治した人です。日本に帰りその精神性で数多くの名だたる支持者を集めた人です。
日本版マーフィーの法則といわれるほど類似点が多いのですが、やはり強烈な思考と信念ということになるでしょう。

身体は自立神経(潜在意識)の働きで積極的に生きようとしているのに、顕在意識である心が消極的であるゆえに身体がバランスを崩し、健康も世の中もどんどん悪いほうに向かう。

この世の中に生まれる様々な問題や健康の悩みに対し、様々な解決法がありますが根本的な原因は心のあり方で変わっていくのではないでしょうか?

現在のような価値観の崩壊で物質至上主義が限られた資源と争いを助長してくるようになってしまった今、新たに精神至上主義が必要とされるようになってくるのかも知れません。

毎日耳にするネガティブなニュースや情報に心を絡め取られ、自らの心を消極的にしてしまうのではなく、積極性と思いやりと感謝の気持ちで積極的な人と接し、あるいは積極性へと導きながら生きてゆくことこそ大切なことではないでしょうか。

本との出会いは新しいあなたのバースデイ




posted by JIN at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトリーディング

2008年03月13日

読んだら売れ!

フォトリーダーとしての最大の悩み!!

それは蔵書量!!


DVC00001.JPG



・・・・



毎年、買っては読み売っているのですが、1年も経つと250冊くらいに。



よーし!思い切って売ってくるぞ!!





・・・1時間後




・・・2640円でした・・・



・・・いや!知識を知恵にしてお金に替えれば

いいのだ!!
posted by JIN at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトリーディング

2008年01月15日

家づくり革命 (平 秀信)

私は年200冊ほど本を読むフォトリーダーですが、本年度は読んだ情報のマインドマップ化をして丸ごと脳内に落とし込んで、他の情報と結び付けていき、ビジネスや生活のアイデアを活性化していきたいと思います。

神田昌典の「顧客獲得実践会」の最初の最初に登録して住宅産業界の常識を再構築し長野の「行列のできる現場見学会・工務店」として大成功を収めた方の本です。本も何冊も出し、現在はネットビジネスでも収入を得、年収3億以上を稼いでいる人です。

わたしは建築業界にいますが、建築業界はまだまだ過去に縛られている感がひしひしとありまだまだ発展の余地があります。

しかし家を建てる方々にとってはどんな家がいい家なのか?予算はどのくらいが値ごろなのか?何を準備し計画すればいいのか?どこを選べばいいのか?というのがわかりにくいのが現状ではないでしょうか。

数多くの大きな展示場や営業マンを持つところでCMをバンバン流しているようなハウスメーカーの場合、それだけの経費をペイするには高く売るしかありません。しかし、表示は坪30万円台から!
・・・と言いながら最終金額坪60万とかになってしまうのはなぜか?どうして最終的に不満な施主が後を絶たないのか?

一回試してから住むというわけには行かない住宅。
それにはお施主様も何をポイントに業者を選べばいいのか?
なにに注意すればいいのか?一生付き合う家づくりというイベントをどの業者と協同で進めるのか?
目に見えないところにかかるお金などのお金の範囲などへの注意。

あれこれ広げすぎて下手をすれば住宅ローンに縛られる毎日になる家にするか、目的や住まい方に集中した満足の家にすむか?

実際に住んでからわかる不満というのは多くて、自然環境にさらされてわかるものや、聞かなかったこと言わなかったことでトラブルになることが多いのです。

これから、または将来家づくりをされる方はぜひ一読ください。
普通はここまで丁寧に教えてくれません。というか、工務店や住宅ビルダーも気付かない点が多いです。

家づくり革命.jpg

拡大します



家づくり革命



長い付き合いの住まいの必需品にはいいものを

ダイソンクリーナー
posted by JIN at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトリーディング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。