最近の記事

2008年04月15日

えんぴつを愛する方に

st8.JPG


小学校の頃、初めてそろえた筆記具といえば「鉛筆」
「漢字、ひらがなを書く」「計算する」などの基本は「鉛筆」で学んだ。だが、年齢を重ね社会に出るうちに、シャープペンやボールペンに移っていく。

st9.JPG


しかし、鉛筆には独特の使いやすさと愛着感がある。様々なメーカー、種類、濃さ、硬度、質感、書きやすさなどを吟味し、自分に合ったものを手にする喜び。使えば使うほど手になじみ、短くなっても使いたいもの。

----------------------------------


そんなときの鉛筆補助軸。

私が一瞬で気を引かれたのが*ステッドラー鉛筆補助軸*ステッドラーペンシルホルダー

st1.JPG



ステッドラー製品の基幹商品である鉛筆をより多くの方にご愛用いただくために従来の補助軸とは異なり、持つ人のこだわりを醸し出させるようなコンセプトで製作された。

スッテドラーの代表的な製品となりつつあるシルバーシリーズを基本に、筆記時のバランスと鉛筆をセットした際の重さを重視、また本体には化粧品などに使用される二次メッキ加工でロゴをプリント。デザイン性を強調しました。鉛筆装着部にはあえてグリップ部を残し、鉛筆でありながら鉛筆以外の筆記具を連想させるようになっております。


というような、使うこだわりと持つこだわりを重視されるユーザーに向けたコンセプトになっております。

st6.JPG


使い勝手がよく、乱雑にストックされていた短い鉛筆を引っ張り出して使うには高級すぎるデキです。
これを使うことで鉛筆の魅力を再認識するようになりました。

営業先でも「それ何?」といわれることが多く、ネタにもなります。

*ステッドラー鉛筆補助軸*ステッドラーペンシルホルダー




posted by JIN at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Pen
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93464024

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。