最近の記事

2010年01月23日

クッシュボール(Koosh Ball)でグループセッションを活性化

CIMG2846.JPG


フォトリーディングの講習の時にグループ内でのコミュニケーションの円滑や頭の働きを活性化するのに使われていたおもちゃです。
初めて会う方々グループを組んで研修するにあたり最初は緊張していますが、このボールを投げて自己紹介したり、「グット&ニュー(24時間以内にあったうれしかった出来事を発表する)」などをして、非常にうちとけた思い出があります。

「グット&ニュー」は今月21日に聞いた講演の「陽転思考」と同じで、NLPにおける「リフレーミング」という、経験した出来事に対して心の中にある思い込みの枠組みをいったんばらして、ネガティブな要素を排除し、ポジティブなものを残して再認識、再構築するという手法です。

よく「ポジティブ思考」と言うのがありますが、ネガティブなことがあったときそれを否定するような言葉や思いで「ポジティブ」な表現を打ち消す考えを行ったりしますが、心の奥底に根付いたネガティブな気持ちに気づき、意識上に上げてないとずっと残ったままになります。

いやな思いを再生するのは怖かったり、恥ずかしかったり、怒りが込み上げたりするかも知れませんが、自分に向き合う素直さが必要になります。


クッシュボールはゴム製のふさふさがついて私の机の上にいつも置いています。
イライラしたり、何かアイデアを考えるときいじっています。

脳と心の状態が乖離しているとストレスが発生すると聞いたことがありますが、このボールの手触りの触感覚と「気持ちいい」という心が一致するのかやんわりとした気持ちになります。

2月にも少人数ですが、セミナーの講師をさせていただくことになっているので、このクッシュボールを有効に活用して楽しいものにしていきたいです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。